支える人を支えよう!
赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン

新たな仲間と共に、街の健やかなセーフティーネット『フードバンク府中』設立へ。赤い羽根共同募金の助成金でご支援頂き、東京都府中市に新しい支援体制が誕生しました。募金で支えてくださった皆様に、心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

●フードバンク府中の歩み

 

フードバンク府中は、2019年5月、府中市社会福祉協議会の企画である「私にもできるかな?フードバンク」の勉強会に、NPOシェア・マインド代表理事の松本靖子が登壇した事から始まりました。

2019年7月から2020年3月までを準備会とし、街中のイベントで募金やPRを行い、フードバンク設立への準備を進めてきました。その間、府中市での食料支援は、準備会の一員として、NPOシェア・マインドが行いました。

そして2020年4月、コロナ禍で生活困窮に陥る方への支援を行うため、本格的に活動が始まります。


 

●赤い羽根共同募金の皆様の

       ご協力を得て

 

「府中市でフードバンクを始める」。熱い志で仲間が集まるも、まだ倉庫にできる場所を見つけられませんでした。民間の賃貸物件は月間10万円以上の家賃がかかります。ボランティアで活動する中、この家賃を払っていては、たちまち活動は潰れてしまいます。

この間、府中市社会福祉協議会の建物内の一角をお借りしたり、ボランティア宅に食品を保管しながら、お困りの方々への支援を続けました。食品募集を大きくかけられない中、「適切なタイミングで食品を購入する」という事ができた事で、お困りの方々を支える事が叶いました。

 


赤い羽根共同募金 助成金活用の成果

①市役所、社協の相談窓口等から紹介されてきた困窮者延べ443名に、潤沢な食料支援が叶いました。

→コロナ禍で仕事が無くなった方のご利用が殆どでした。長期化する困窮の中、栄養不足に陥っていた方もおられました。健康を支えられる食品を買い足して支援を行いました。食品在庫が空にならず必ず支援を行えたのは、赤い羽根共同募金を通じて、皆様からのご支援を頂けたからです。募金でご協力頂きました皆様に、心から感謝いたします。

 


②府中市内の子ども食堂、フリースクール、大学、困窮者団体等のパントリーに食品協力ができました。

→どの団体も、限られた資金の中から食品調達をしていました。市内で活動なさる皆様は、私たちフードバンク府中、NPOシェア・マインドの仲間です。助成金を得られた事で、仲間たちを応援できました。府中市内で活動する皆様のを通じて、のべ1000名強の参加者、子ども達に支援食品をお届けする事ができました。


③学生を対象としたパントリーを開催する事で、学生たちの困窮にアウトリーチできています。

→5月20名、6月54名、7月40名、8月45名(各会、当日以外の支援希望者あり)、支援の手が及びづらい学生たちへのパントリーを開く事ができました。赤い羽根共同募金の助成金なくしては、毎月の開催はできなかった事と思います。回を追うごとに学生の困窮度は逼迫したものになっています。助成事業終了後も、引き続き学生への支援を行います。


 

 

→フードバンク府中が主催した学生向けパントリーの反響を受け、東京外国語大学が在学生向けのパントリーを毎月開く運びとなりました(読売新聞掲載)。外大パントリー初回は、ノウハウと人材でも協力をしました。学生への支援の広がりのきっかけになった事に、一同希望をもって今日も活動しています。


 

④活動を通じて、新たな拠点を得る事ができました。

 

→府中市社会福祉協議会からの紹介を受け活動を知ってくださった店舗大家さんが、「NPOシェア・マインドとフードバンク府中の何かに役立つのなら」と、京王線府中駅から徒歩3分の立地の店舗を、安価に貸してくださる事になりました。10月より利用開始です。


 

⑤活動実績と広報によって団体を知ってくださった方々から、豊富に寄付が届くようになりました。

 

→「新聞を見て」「WEBを見て」「友人に聞いて」「市役所から聞いて」など、私たちの活動を知り、応援してくださる方が増えました。赤い羽根共同募金助成事業終了後に向けての寄付金、寄付食品が集まっており、街全体で支えられている事を実感しています。


 

 

 

⑥10月より、府中市役所生活援護課を通じて、より広い倉庫をお借りできる事になりました。

 

 

4月から8月まで赤い羽根共同募金の助成金を活用しての事業では、のべ1,668名の困窮者へ、支援のための食料を届ける事ができました。ご協力頂きました皆様に、改めて感謝申し上げます!

 

 

■NPOシェア・マインド、フードバンク府中の活動が新聞や記事に掲載されました。

 

・2020/6/20朝日新聞「学生に食料支援 フードバンク府中」

・2020/6/30東京新聞<新型コロナ>府中の有志ら、困窮学生に食品配布 悩み相談も

・2020/07/23読売新聞 「コロナ困窮学生 支援の輪  府中 市民有志や大学 食料配布」

『食糧余剰と不足が共存する社会で』(上)(中)(下)★動画あり

 

 

毎月の活動のレポートは、フードバンク府中のサイトでもご確認頂けます。是非ご覧ください!