私たちの活動に興味を持ってくださり、ありがとうございます。

代表理事の松本靖子です。

 

「どうして、こんな活動をしているの?」

沢山の方に聞かれます。

 

会社に勤めていた頃に、職を失い、社員寮を出て行かねばならない方と接する事がありました。

幼い頃から、頼れる身内のいない方でした。


「会社と寮を出たら、僕には帰る場所がありません。どこにも行くことができません。お願いです、何でもしますから会社にいさせてください。お願いです…。」

会社をやめることは、彼にとって、仕事も暮らしも一度に失ってしまうことなのです。

 

私はこの時、家族にも誰にも頼れずたった一人きりで生きている方がいる事を、初めて知りました。
人1人の『生活』が崩壊する瞬間を目の前で見ながら、でも私はその時、どうする事もできませんでした。彼に居てもらう場所も、毎日の食べ物を用意するお金も力も無かったからです。


けれどその一方で、日本では使われないままの社会資源が大量に捨てられています。年間646万tにも及ぶ食品ロスに、空家問題。「上手く活用できれば、苦しみの最中にいる人も希望を取り戻し、一緒に歩き出せるかもしれない。」そんな思いで、まず、フードバンク多摩を作りました。

 

シェア・マインドの願いは、次の通りです。

 

お腹を空かせている方に、食べてほしい。

たった一人で悩んでいる方が、ほっと一息つけるような居場所を作りたい。

寄る辺なく生きてきた方たちが、もう一度希望を取り戻せるよう、一緒に考え、一緒に歩きたい。

 

困っている方たちが安心できる社会は、きっと、どんな人にとっても暮らしやすく、幸せな社会であることを信じて。

私たちは今日も、活動を続けています。 

 

 



代表理事プロフィール

松本 靖子

1981年6月30日生まれ。東京都多摩市に生まれ、多摩市で育つ。

幼少時より、障害者、社会的マイノリティと、その家族が社会環境の中で受ける苦しみを、間近で経験する。そして、2015年、貧困によって全てを失った方を目の当たりにし、団体設立を決意する。

2015年11月、内閣府より認定を受け、NPO法人シェア・マインド設立。

人が人として、あたりまえに守られるべき尊厳を、守り支える団体でありたいです。

 

■早稲田大学 人間科学部 健康福祉学科在籍

■公益社団法人 東京社会福祉士会 低所得者支援委員会所属

■たま食ねっと。所属